写真

サラリーマンなどの給与収入のある人は、毎月の給与等から住民税が差し引かれていると思います。この住民税はいつの分をどの期間で支払っているのでしょうか。また、サラリーマンではない自営業者や年金生活者の人はどのように支払うのでしょうか。確認してみましょう。

昨年分の所得に対応する住民税は、翌年の6月から5月まで支払う住民税とは、道府県民税と市町村民税の総称です。ちなみに所得税は国に納める税金で、所得税と住民税は異なる点もありますので注意しましょう。サラリーマンの場合には、給与の支払元(会社等)から、市町村等にその前年1月1日~12月31日までの給与等の情報が記載された給与支払報告書が提出され(毎年1月末まで)、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング