写真

日本アメフト界に輝かしい実績を残す日本大学アメリカンフットボール部「フェニックス」が、その伝統に大きな傷がつく窮地に立たされている。5月6日に行われた日大と関西学院大学との定期戦で、日大の守備選手が関学のQBに悪質な反則タックルを浴びせて負傷退場に追い込んだもの。このプレーはふだんアメフトを取り扱わない各局の情報番組でも大きく取り上げられ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング