写真

5月12日から公開され「平成の『仁義なき戦い』」「日本産ノワール映画の傑作」などの呼び声も高い、役所広司主演映画「孤狼の血」。柚月裕子の同名原作小説も映画の人気に引っ張られ、売り上げを伸ばしているという。先日、続編製作も決定し、ヤクザ映画ファンからは歓喜の声が起きている。特に、およそ警察の人間には見えない役所演じる巡査部長の大上章吾が逮捕した、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング