写真

こうして教祖の死後も、オウムとアレフの残滓は存在し続けているが、「熱狂的信者は、亡くなった教祖の骨を食べたいと思っているのです」と衝撃の事情を明かすのは、アレフの内情を知る関係者である。「荼毘に付された麻原の骨は、教団内に置かれる可能性があります。骨を食べるのはなぜなのか。今、信者に必要なのは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング