写真

さらに注目すべきなのが、納豆のみに含まれるナットウキナーゼ。血栓のもととなる成分を分解する酵素だ。血栓とは血管内にできる血の塊のこと。これが分解されるということは、血圧の降下や、血管の病気を予防することにつながる。つまり、納豆を継続的に食べることで、高血圧症や動脈硬化症、心筋梗塞、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング