写真

連日の猛暑から外出を控え、冷房の効いた部屋で一日中スマホに興じる。そんな人も少なくないだろう。ところがここ数年、スマホのやりすぎで「認知症もどき」の症状を訴える人が急増しているのだ。「その『もの忘れ』はスマホ認知症だった」(青春出版社)の著者で、「おくむらメモリークリニック」院長の奥村歩医師が解説する。「私が開設している『もの忘れ外来』の患者さんは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング