写真

9月26日放送の朝ドラ「半分、青い。」(NHK)が衝撃的な言葉を残して終了した。主人公・鈴愛(永野芽郁)の漫画家時代の仲間である裕子(清野菜名)が、東日本大震災で行方不明に。誰もが希望を抱いて日々の生活を送っていたのだが、同じく漫画家時代の仲間であるボクテ(志尊淳)から、とうとう「ダメだった…」という連絡が入ったのだ。放送直後から、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング