写真

芸能人には「睡眠時無呼吸症候群」が多い。お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、重度の睡眠時無呼吸症候群と診断されてCPAP治療を開始したところ、劇的な改善をしたことを、11月8日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ)で打ち明けた。矢作は「もうすごいのよ。脳にね、酸素が入ってく感じがすんの」と、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング