写真

「M-1グランプリ2018」は、決勝初進出となった「霜降り明星」が史上最年少優勝を果たし大いに番組を盛り上げたが、上沼恵美子への批判騒動しかり、毎年のこととはいえ、審査を巡っては様々な議論があるようだ。今回、最も多かったのは、“3年連続2位という結果に終わった「和牛」こそが優勝にふさわしかったのではないか”という意見だ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング