写真

土曜日のゴールデンタイムという激戦区で放送されながら、平均視聴率10%前後を叩き出しテレビ東京の看板番組となった「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」。太川陽介と蛭子能収のコンビから昨年3月に田中要次と羽田圭介に旅人を交代させて、現在も放送が続いている。だが、新コンビの評判は必ずしもいいとは言えない状態だ。「新コンビの『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z』は平均視聴率が2ケタに届かないどころか、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング