写真

さて、黒田の大酒飲みぶりだが、これはなんとも度を越していた。酔っ払って帰ったときの夫人のあしらいが気に食わず、ぶっ殺してしまったと風評が立ったのが明治11(1878)年3月で、結婚9年後に妻の清(せい)が亡くなったときにこのウワサが出た。開拓長官時代である。時の風刺雑誌『団々珍聞(まるまるちんぶん)』には、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング