写真

投手にとっての輝かしい記録、ノーヒットノーラン。過去、甲子園の大舞台でこの快記録をやってのけた投手たちは、さすがにその後、プロ野球の世界で大成している例が少なくない。いわゆる“松坂世代”であるこの投手もその1人。1998年の第80回夏の選手権記念大会に鹿児島実のエースとして出場した杉内俊哉(元・読売など)である。「まずは四球を出さないようにしたい。できれば三振もいっぱい取りたい。強気の投球をしたいです」これは初戦の八戸工大一(青森)との試合前に杉内が記者の取材に対し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング