写真

10月10日、アジア各地でカタールW杯アジア2次予選の試合が行われた。日本代表はホームでモンゴルと対戦。6-0で快勝している。その影で本田圭佑が実質的な監督を務めるカンボジアが0-14の大惨敗を喫した。これはカンボジア代表史上、最悪のスコアだ。「相手はアジアトップクラスの強豪であるイラン。FIFAランキングは23位でアジア一です。そんなイランが相手で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング