写真

自宅マンションに呼んだ派遣マッサージの女性従業員に性的暴行を加えたとして起訴されていた元俳優の新井浩文被告に対して東京地裁は12月2日、懲役5年の実刑判決を下した。新井被告側は「合意があったと思っていた」と主張していたが、裁判では「合意があるとの誤信はなかった」と否定。「卑劣で悪質」という強い言葉で新井被告の犯行を非難した。この判決に、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング