写真

お正月大作公開前の映画閑散期といわれる10~11月だが、先日の3連休には邦画を中心にアニメや恋愛モノ、そして話題のホラー作品が公開された。興収的には低レベルの争いだったものの、みごと週末1位をゲットしたのは、主演の西内まりやがテレビ局ジャックとばかりに各局に顔を出し宣伝しまくっていたラブストーリー「レインツリーの国」(興収約1億2000万円)。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング