写真

俳優が一堂に集うドラマ現場では、毎日小さな事件が発生している。特に大物俳優がニアミスを起こせば、お蔵入りは必至だ。初のNHK大河ドラマの出演シーンが全カットとなってしまったのが、明石家さんま(62)。「元禄繚乱」(99年)で主演した故・中村勘三郎本人から出演依頼を受けたさんまが演じたのは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング