写真

「7球団競合」でドラフトの話題を独占した早実・清宮。6球団から指名された、かつてのスーパースター・清原和博をしのぐ各球団の熱烈歓待ぶりだったが、高校通算本塁打111本を記録した怪物には、未知の「プロの洗礼」が待ち受けている!「最大10球団指名」などスポーツ紙上では、過剰な人気集中が予想された今年のドラフト。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング