写真

SMAPの解散騒動以来、すっかり“ヒール”のイメージが定着してしまった木村拓哉。今年の正月には2002年に放送されたドラマ「空から降る一億の星」(フジテレビ系)で共演以来、プライベートでも懇意にし、良き理解者となっている明石家さんまとの共演番組「さんタク」(フジ系)が放送されたが、平均視聴率5.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、まさかの低視聴率となり、業界内でも大いに話題となった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング