写真

5月12日に封切られた映画「孤狼の血」で、役所広司と共演している松坂桃李。昭和63年を舞台に暴力団との癒着が噂される役所演じるベテラン刑事と、松坂演じる“キャリア組”新米刑事が、激化する暴力団抗争に直面するバイオレンス・サスペンス映画である。「東映が手掛けて来た『仁義なき戦い』シリーズを彷彿とさせる衝撃の作品。役所は今回の松坂の演技を見て『(松坂が最後に)全部さらって行っちゃましたね』とコメント。太鼓判を押しています。この作品で松坂はまた一皮むけましたね」(映画誌ライター)5月13日に放送されたトーク番組「ボクらの時代」(フジテレビ系)に松坂、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング