写真

お笑いタレントの明石家さんまが10月15日放送の「1番だけが知っている」(フジテレビ系)に出演し、先輩のビートたけしと自分はいつまでもテレビに出続けていてはいけないとの見解を示している。さんまにたけし、そして同じくお笑いタレントのタモリら3人は芸人界の“ビッグ3”と称され、長きにわたって人気バラエティ番組やトーク番組を仕切り続けてきたお笑い界の超大物であり、一方で、いつまで経っても彼らのポジションを揺るがすほどの後続タレントが台頭せず、新陳代謝という観点においては停滞をもたらす要因とも言える。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング