写真

米国ビルボードとビルボードジャパンは12月7日、2018年のイヤーエンド・チャートを発表した。総合ソング・チャートの「BillboardJAPANHOT100」では、米津玄師の「Lemon」が堂々の年間1位に君臨。2位にはメガヒットとなったDAPUMPの「U.S.A.」、3位には欅坂46の「ガラスを割れ!」といった定番曲がチャートインした。一方で8位には人気韓流グループTWICEの「CandyPop」が、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング