写真

3月19日、深田恭子主演ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)が最終回を迎えたが、同ドラマの“ラストシーン”が、視聴者の間で物議を醸しているという。「『はじこい』は、深田演じる塾講師・順子と、横浜流星演じるイケメン受験生・匡平の恋を描いたドラマです。ラストでは、匡平が授業を受ける東大の講義室に、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング