写真

3月21日、2018‐2019フィギュアスケート世界選手権の男子シングルSPが行われた。ケガで4カ月ぶりの試合となる羽生結弦選手に注目が集まったが、冒頭の4回転サルコーが2回転となるミスで0点。その他の演技では難なくレベル4を連発したものの、その影響で3位発進となってしまった。「羽生選手は後のインタビューで、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング