写真

お笑い芸人13人が反社会的勢力の忘年会や誕生会に参加してギャラをもらっていた疑惑で、芸人らはこぞって当初否定していたギャラの存在を認め、所属事務所である吉本興業とワタナベエンターテインメントは謹慎処分を言い渡した。今回、特に注目を浴びているのがこの一件での最年長で、もっとも収入が多いと思われている「雨上がり決死隊」の宮迫博之だ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング