写真

「なぜ、最初に正直に言わなかったのか…」が、日本中の人たちの総意なのかもしれない。振り込め詐欺グループの宴会に参加した闇営業問題で、事実が明らかになればなるほど評判を落としていくのが、雨上がり決死隊の宮迫博之。スキャンダル発覚当時、宮迫を筆頭に参加メンバーが口を揃えて「ノーギャラ」を主張したこの問題。ところが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング