写真

朝日新聞が、47都道府県と20政令指定都市にアンケートを実施。32の自治体で、仕事や学校に行かず家族以外とほぼ交流しない状態が6ヵ月以上続く人を「ひきこもり」と定義し、実態調査をしていたことが分かりました。そのうちの16自治体で、40代以上のひきこもりの割合が、30代以下より多かったそうです。長野県では、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング