3割打者が2人だけ!? ひそかに迫るパ・リーグ初の危機

ベースボールキング / 2017年9月20日 11時45分

◆2人ならパ・リーグ史上初 優勝チームも決まり、レギュラーシーズンも残すところ10試合ちょっととなったプロ野球の2017年シーズン。タイトル争いや個人の記録に注目が集まる中、パ・リーグの個人打席成績に“異変”が起こっている。 まずは19日終了時点のランキングを見ていただこう。 【パ・リーグ個人打撃成績・トップ5】 1位.323秋山翔吾(西武) 2位.311柳田悠岐(ソフトバンク) 3位.2944西川遥輝(日本ハム) 4位.2941ペゲーロ(楽天) 5位.2940浅村栄斗(西武) 打率トップは西武の秋山。次いでソフトバンクの柳田が追いかける展開となっているが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング