写真

巨人の坂本勇人(C)KYODO NEWS IMAGES

7月終了時点で.333だった坂本勇人(巨人)の打率が、22日終了時点で.290まで下がった。 7月まで月間打率は毎月3割を超えるアベレージを残し、2年連続首位打者の期待も高まったが、8月以降は打率.198と下降。特に9月は打率.164と苦しみ、打順も3番から1番に変更されるなど試行錯誤が続いている。 8日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター巨人-ヤクルト戦』で解説を務めた江本孟紀氏は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング