写真

ダイエー監督時代の王貞治氏 (C)KYODO NEWS IMAGES

ソフトバンクの王貞治会長が18日、日本記者クラブで「平成とは何だったのか」というタイトルで平成のプロ野球を振り返った。 その会見の中で、王会長はダイエー(現ソフトバンク)監督時代の1996年5月9日、今はなき大阪・日生球場での対近鉄戦に敗れた直後、ダイエーの選手バスへ向かって、相当数の生卵が投げつけられた事件ついて「卵をぶつけられるような野球をやっているのは俺たちなんだと。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング