◆“昭和ラスト”に立浪が新人王 今年4月30日に「平成」が幕を閉じ、5月1日に新元号が施行される。プロ野球界では、平成の30年間に多くの大記録や名選手が生まれたが、高卒1年目野手が新人王を取ることは一度もなかった。 最後に高卒1年目の野手が新人王に輝いたのは、1988年(昭和63年)の立浪和義(中日)だった。 “昭和最終年”となったそのシーズン、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング