◆短期連載:真夏のミステリー? 令和初の夏の甲子園大会が閉幕した。 決勝で履正社(大阪)に敗れたとはいえ、今大会の主役は何といっても星稜(石川)の奥川恭伸投手だろう。中でも3回戦の智弁和歌山(和歌山)戦は、延長14回タイブレークの末に星稜がサヨナラ勝ち。150キロ台の快速球と精密機械のコントロールで奪った三振は23個、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング