写真

関連画像

川崎市で計画していた「日本浄化デモ」と称するデモ行進が中止になったのは、神奈川県弁護士会に所属する神原元弁護士が、数百人の抗議者と共謀して、妨害したからだとして、同市を拠点とする保守系活動家の男性ら4人が、神原弁護士を相手取り、計440万円(1人あたり110万円)の損害賠償をもとめて、横浜地裁川崎支部に提訴した。 その第1回期日が1月21日、同支部で開かれて、原告・被告双方の意見陳述がおこなわれた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング