写真

関連画像

公立福生病院(東京都福生市)の男性(60)が上司からのパワハラ被害を訴え、病院の運営元に約550万円を求めていた裁判で、東京地裁立川支部(吉田尚弘裁判長)は7月1日、病院側に対して約210万円の支払いを命じる判決を言い渡した。 判決は、パワハラを認定しただけでなく、病院のハラスメント防止責任者が、パワハラ行為の一端を目の当たりにしながら、適切な対応を取らなかったことも、安全配慮義務に反するとした。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング