写真

関連画像

妻が受け取る場合は年齢不問、夫が受け取る場合は55歳以上ーー。地方公務員の遺族補償年金をめぐる男女の受給要件の違いについて、最高裁第3小法廷(山崎敏充裁判長)は3月21日、法の下の平等を定めた憲法には違反せず、合憲と初めて判断した。男女差別ではないということだ。 大きな理由は、賃金の違い。最高裁が支持した高裁判決では、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング