写真

関連画像

交通ルールをめぐっては、実はそんなこともダメだったのか、という驚きの規則もあれば、言わずもがなの規則もある。道路交通法では、車を運転中に携帯電話などを「手に持って通話する」ことや、画面を「注視する」ことが禁止されている(道路交通法71条5号の5)のだが、この「注視」については、具体的にどのような行為を指すのか、答えられるだろうか。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング