写真

関連画像

現在、全国の刑事施設に収容されている120人余りの死刑囚の中には、冤罪を訴えている者も少なくない。ここで紹介する高橋和利死刑囚(83)もその1人だ。 1988年に横浜市鶴見区で金融業や不動産業を営む男性とその妻が殺害された「鶴見事件」で、高橋死刑囚は強盗殺人の罪に問われ、2006年に死刑が確定した。しかし裁判では、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング