写真

関連画像

無実の罪を晴らす「再審制度」には多くの問題が指摘されている。裁判所に提出されなかった無罪方向の証拠が開示されなかったり、裁判所が裁判のやり直しを認めても、検察が不服申し立てを繰り返し、再審が始まらなかったり。 4月7日、日弁連が主催したシンポジウム(法制化へ向けて再審における証拠開示シンポジウム)では、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング