写真

関連画像

外食や流通などの労働組合が加盟する「UAゼンセン」は5月25日、従業員が顧客から受ける悪質なクレームについてのアンケート調査と分析結果を公表した。分析にあたった関西大学社会学部の池内裕美教授は「悪質クレームに対する明確なガイドラインを設け、可能なら法律の制定を通して社会的に抑制すること」を対策として挙げた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング