写真

関連画像

15歳の時から、当時在校していた札幌市立中学の男性教師にわいせつな行為をされ、その後にPTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症したとして、フォトグラファーの石田郁子さん(41歳)が教師と札幌市を相手取り、約3000万円の損害賠償を求めて提訴した裁判の口頭弁論が4月26日、東京地裁で開かれた(田中秀幸裁判長)。 まず争点となっているのが「除斥期間」の問題だ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング