81歳知日派の苦言「韓国の政治家は、『日本非難が愛国』だと思っている」

文春オンライン / 2018年12月14日 7時0分

慰安婦問題や徴用工問題が日韓関係を揺るがし続けている。 そんな折、私は月刊「文藝春秋」新年号で、韓国有数の知日派である元駐日韓国大使・柳興洙(ユ・フンス)氏にインタビューし、これらの問題などについて胸の内を聞いた(「文在寅政権は我が韓国の『信用』を失った」)。 文政権には憤懣やるかたない この懸案をめぐって文在寅政権下の韓国は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング