固定電話、VHS、ガラケー……映画『リング』『着信アリ』で懐かしいガジェットに憑いた幽霊たち

文春オンライン / 2019年1月21日 11時0分

平成が31年で終了。年数が昭和の半分以下であったし、国が文化的に進歩したゆえの頭打ち感もあって、強烈な変遷はない時代であったと思う。じつは景気がどんどん衰退していたという、現在の体感や未来のなさは絶望的だけれど、思い返せば平成の日本はなだらかなものだった。 30年前の映画を観て目につくもの 他の娯楽に客を取られたり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング