「強姦冤罪事件」が起きた背景には複雑すぎる家庭事情があった

文春オンライン / 2019年1月22日 11時0分

強姦罪などで服役中、被害者の証言がウソと判明して再審無罪が確定した大阪府内の男性(75)と妻が、大阪府警と大阪地検による不十分な捜査や裁判所の誤判で精神的な損害を被ったとして、国と府に計約1億4000万円の国家賠償を求めた訴訟の判決が1月8日、大阪地裁であった。大島雅弘裁判長は「起訴や有罪判決が違法だったとは認められない」として、男性と妻の請求を棄却した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング