がん治療、なぜ著名人や富裕層は民間療法にハマってしまうのか?

文春オンライン / 2019年3月24日 6時0分

近年、著名人のがん患者が抗がん剤や手術を拒否し、民間療法や代替医療に走る例が報じられている。たとえば2015年9月に亡くなった女優の川島なお美さんは、金の棒で患部を撫でる民間療法を受けていた。効果不明な高額療法や、キノコの抽出物などの話を身近で聞いたことがある人も多いだろう。 こうした例が絶えない理由の一つが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング