写真

母音(およびY)がL字状に並んだ独自配列のキーボード。子音に触れたあとそのまま母音に向けて指を滑らせることで高速なローマ字入力が行えます。なお12のキーに含まれていない子音、例えばCやXはAを押しながらスライドさせて入力します

ますます生活に浸透しつつあるスマホですが、使いこなせている人とそうでない人とで差が開きつつあるのが、効率のよい日本語入力ではないでしょうか。 かつてはPCでフルキーボードを使わないとできなかった長文の入力を、スマホひとつでスラスラこなしてしまう人がいる一方、いまだに自分に合った入力方法そのものを見つけられない人もいるはず。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング