異例の国会答弁 日銀・雨宮副総裁がため息をもらす理由

文春オンライン / 2019年3月25日 6時0分

「3月14日の金融政策決定会合を直後に控え、“1万8000円発言”は衝撃的だった」 市場関係者がこう指摘するのは、12日の国会に参考人招致された日銀の雨宮正佳副総裁(63)の答弁。「日銀が買い入れたETF(上場投資信託)は株価がどこまで下がれば簿価を下回るか」との質問に対し、「機械的に試算すれば、1万8000円程度を割ると簿価を下回る」と答えたのだ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング