「日本を離れて『日本』が大好きになった」13年前にイチローが語った日の丸への思い

文春オンライン / 2019年3月26日 17時0分

「孤独を感じて苦しんだこと、多々ありました」。引退会見の最後、イチローはアメリカに渡ってからの「孤独」について語った。 日本から離れて「日本が大好きになった」というイチロー。日本人として、世界を舞台に戦うことの意味とは何なのか。遡ること13年前、WBCで優勝を決めた直後の独占インタビューを特別公開する。 (出典:「諸君!」2006年11月号) ◆◆◆ 2006年3月20日。米・カリフォルニア州サンディエゴ・ペトコパークのグラウンドに、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング