被害者バッシングの標的にも……セウォル号事故で生存した元高校生のいま

文春オンライン / 2019年4月19日 11時0分

「息子のことはね、そりゃあ、1日たりとも忘れることなんかありませんよ。 でも、あの事故のことは忘れよう、忘れようと努力している。そう努めて毎日を送っている。生きている者は生きていかなければいけませんから」 李さん(仮名)の息子さんは沈没した旅客船、セウォル号で働いていた。 旅客船、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング