元ヤクルト・鵜久森淳志が明かした「引退を決めた瞬間」と「第二の人生への思い」

文春オンライン / 2019年5月2日 11時0分

(来年もユニフォームを着続けることは難しいのかな……) 初めて、そんな思いを抱いたのは2018(平成30)年夏のことだった。この年から監督は変わり、首脳陣も一新された。シーズン前半こそ一軍にいたけれど、若手の台頭やチーム事情もあって、なかなか一軍に呼ばれることのないまま時間だけが過ぎていった。 「チームが2位に躍進し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング