「藤井聡太七段とは全盛期に戦いたい」 豊島将之新名人は“令和の覇者”となるか?

文春オンライン / 2019年5月21日 17時0分

2009年に刊行され、見る将棋ファンを代表して書かれた名著『シリコンバレーから将棋を観る』(著・梅田望夫)にこんな言葉がある。 『どんなに才能溢れる人であろうとも、人生における「機会の窓」が開くことはそれほど多くはなく、(中略)一瞬開いた「機会の窓」を活かせるか否か。残酷なことだけれど、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング