“戦争暴言”丸山穂高議員 国後島で「女を買いたい」と外出を試みる

文春オンライン / 2019年5月22日 14時10分

5月11日、国後島への「ビザなし訪問」の最中、団長の大塚小彌太氏(90)に対し「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」などと発言した丸山穂高衆院議員(35)。 野党による辞職勧告決議に対し、丸山氏は言論の自由などを理由に「絶対に辞めるわけにはいかなくなった」などと抗弁しているが、「戦争発言」以外にも問題となる言動が多数あったことが「週刊文春」の取材で明らかになった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング